ソニー銀行の定期預金

ソニー銀行は資産運用やお金を貯めるということに対して強みがあるネット銀行です。 定期預金の金利水準が高めになっているのはもちろんですが、貯金作りにおいてもサポートが充実しています。

目的別の貯金口座が作れるので貯金のモチベーションを高めることができるというのに加えて、自動で家計簿を作ってくれるアカウントアグリゲーション機能なども無料で利用することができます。

積立預金やワンコイン(500円)から始められる外貨の積立預金などもあるのでちょっと資産運用を考えているという方も活用できます。

 

ソニー銀行
ソニー銀行公式ホームページ

スポンサーリンク

ネットバンク定期預金金利パーフェクト比較一覧

各ネットバンクの最新の定期預金金利をまとめています。ソニー銀行の定期預金金利もこちらでご確認いただけます。

銀行名 普通預金 超短期定期 3か月 6か月 1年 3年
ソニー銀行 0.001%   0.01% 0.05% 0.05% 0.02%
イオン銀行 0.10%   0.03% 0.04% 0.05% 0.10%
住信SBIネット銀行 0.01%   0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
楽天銀行 0.10%   0.11% 0.02% 0.03% 0.03%
新生銀行 0.001% 0.10% 0.50%※1 0.01% 0.01% 0.01%
ジャパンネット銀行 0.03%   0.03% 0.03% 0.03% 0.03%
三菱東京UFJ銀行 0.001%   0.01% 0.01% 0.01% 0.01%
※1新生銀行のスタートアップ定期預金(新規口座開設者限定)

2017年10月2日調査時点
定期預金金利は随時見直されることがありますので、各ネットバンクの公式ホームページ等で最新の金利も念のためご確認ください。

イオン銀行の普通預金金利は「イオンカードセレクト(年会費無料)」利用者限定の金利です。

ソニー銀行の預金金利(円預金・外貨預金)は、随時見直されます。また、金融情勢等によっても変更します。金利等取引条件の最新情報はソニー銀行のホームページ内で確認ください。

 

ソニー銀行の定期預金商品の一覧

ソニー銀行が提供している定期預金関連商品の一覧です。
特色としては、定期預金で10年といったような長期の定期が利用できるということと「積み立て定期預金」が利用できる唯一のネットバンクということでしょうか。

円普通預金

他行と同様の一般の預金となっています。

円定期預金

満期は1ヶ月、3カ月、6カ月、1年、2年、3年、5年、7年、10年と超長期の定期預金も利用できるようになっています。

積み立て定期預金

満期は1年、2年、3年の3タイプがあります。
最低預金額は1000円から可能で、インターネットから申込ができる「積立預金」です。満期時には「自動継続」されますので複利で運用することが可能です。
また、貯めたお金を部分解約することもできます。
※解約した部分には「中途解約利率(通常より低い金利)」が適用されます。

ワンコイン外貨預金 毎月500円から積立できる外貨預金です。預金可能な通貨は全部で12通貨と幅広いというのも特徴です。

 

ソニー銀行の評価・評判

総合評価:★★★★★(最高評価)

定期預金金利についてはネットバンクの中でもやや高いといったところでしょうか。
積立定期預金といったようにコツコツと資産形成するための預金のほか、投資信託なども充実している銀行です。ウェブサイト上で貯金をサポートするようなサービスも展開しており、これから貯金を始めたいという方にとって最もお勧めできるネット銀行です。

また、キャッシュカードはセブン銀行のコンビニATMで手数料無料でいつでも利用できるようになっており、預金の引き出しやすさなども利便性が高く、総合的にバランスの良いネットバンクといえるでしょう。

初めてのネットバンクとしてもおすすめの銀行です。

ちなみに、ソニー系列の金融サービスって強いですよね。ソニー銀行はもちろんですが、ソニー生命やソニー損保といったように保険分野でもかなり高い評価を得ています。

今後も様々なサービスに期待したい銀行です。

ソニー銀行
ソニー銀行公式ホームページ

今月のおすすめ定期預金
ネットバンクの定期預金金利や、各銀行のキャンペーン定期預金、中長期の管理人による金利予想を加味した上でお勧めする定期預金をピックアップしています。

銀行・定期預金の名前 金利 おすすめの理由
イオン銀行の普通預金 0.10%

定期預金の情報なのに普通預金をお勧めしています。金利が0.10%と高いのに、普通預金なのでいつでも出金可能です。

※本金利の適用を受けるにはイオンカードセレクト(キャッシュカード件、クレジットカード・年会費無料)の申し込みが必要です。

 

スポンサーリンク

Category & Menu

定期預金を活用して有利に資産を運用していこう。ネット銀行のおすすめネット定期や特徴ある預金を徹底分析していきます。