aかぶ2015年 定期預金金利比較定期預金の基礎知識定期預金をする前に読むコラム>個人向け国債(個人向け復興国債)と定期預金はどちらがお得?

個人向け国債と定期預金はどちらがお得?

個人向け国債が個人向け復興国債と名を変えて販売されます(システムは同じです)。販売額も好調だということですが、個人向け国債への投資と定期預金への預金とではどちらがお得なのでしょうか?リスク・リターン・メリット・デメリットなど各方向から徹底的に分析していきます。

スポンサーリンク

個人向け国債(個人向け復興国債)とは何か?

個人向け国債(個人向け復興国債)というのは「国庫債券(国債)」の一種で、国が発行する借金証書のようなものです。投資家はこれを買い、期限がきたら元本が国から払い戻されます。また保有期間中は一定の利息を受け取ることができます。

仕組み自体をみると定期預金ととっても似ています。また、通常の債券は途中での解約ができないのですが、個人向け国債の場合は保有から1年を経過すればいつでも解約ができるという点でも定期預金と酷似しています。金利水準は下記のとおりとなっています。

個人向け国債 金利
3年満期 固定金利(0.12%
平成24年3月5日~
5年満期 固定金利(0.27%
平成24年3月5日~
10年満期 変動金利(0.64%) 金利は半年ごとに見直し
平成24年3月5日~

なお、個人向け国債は「債券」の一種ですので発行体が破たんした場合は元金・利息の保証はないというリスクがあります。ただし、国債は発行体が日本国という国が相手となっており、信頼性はかなり高いといえるでしょう。

特におすすめなのは「10年満期の個人向け国債」です。「定期預金の預入期間。最適な期間はどのくらい?」でも書いていますが、超低金利が続く現在、長期の定期預金は将来の金利上昇リスクを機会損失という形で負うことになります。
一方の、個人向け国債10年満期の場合は、将来金利が上昇した場合はそれに連動する形で金利も上昇するようになっています。ですから、長期に遊ばせておくような資金の運用にはかなり便利な投資先といえます。

 

ただし、3年満期。5年満期の個人向け国債の金利はネットバンクの方が金利が高いケースもあります。このあたりについては実際の適用金利と定期預金の金利を見比べながら有利な方で運用する方がよいかと思います。

個人向け国債についてもっと詳しく知りたい方は「個人向け国債(個人向け復興国債)の種類と特徴」をご参照ください。

定期預金コラム一覧

定期預金残高9年ぶり低水準、普通預金残高過去最高(2017年3月)
マイナス金利で定期預金を100万円しても年80円しか利息が付かない(2016年4月)
日銀が導入したマイナス金利で定期預金もマイナス金利になる?(2016年4月)
トヨタの元本保証株式は定期預金の代わりになるか(2015年6月)
2015年夏のボーナス。貯金するという割合は減少(2015年6月)
おひとりさまの老後に必要なお金と年金(2014年3月)
地方銀行の預金が減少、預金減少時代と銀行の対策(2014年2月)
気づいたら貯金ゼロ。 約3割の世帯が貯金ゼロの時代(2013年8月)
2013年夏の定期預金ボーナスキャンペーン始まる(2013年6月)
オリックス銀行のeダイレクト金銭信託は買いか?(2013年5月)
2013年5月の定期預金金利は下落(2013年5月)
2013年4月の預金金利はさらに下落へ(2013年4月)
インフレ時の定期預金は損な商品なのか?(2013年2月)
仕組預金は解禁へ「ペイオフ対象外は利息部分のみ」(2012年11月)
積立預金(定期)はお金をためる第1歩(2012年8月)
仕組預金は愚か者向けの金融商品なのか?(2012年7月)
確定拠出年金と定期預金(2012年6月)
定期預金と証券会社のMMF、どっちがお得? (2012年5月)
定期預金特別金利キャンペーンで注意したいポイント(2012年4月)
定期預金の預入期間。最適な期間はどのくらい?(2012年4月)
個人向け国債(個人向け復興国債)と定期預金はどちらがお得?(2012年3月)
ペイオフ対策はしておくべき?それとも不要? (2012年2月)

今月のおすすめ定期預金
ネットバンクの定期預金金利や、各銀行のキャンペーン定期預金、中長期の管理人による金利予想を加味した上でお勧めする定期預金をピックアップしています。

銀行・定期預金の名前 金利 おすすめの理由
イオン銀行の普通預金 0.10%

定期預金の情報なのに普通預金をお勧めしています。金利が0.10%と高いのに、普通預金なのでいつでも出金可能です。

※本金利の適用を受けるにはイオンカードセレクト(キャッシュカード件、クレジットカード・年会費無料)の申し込みが必要です。

 

スポンサーリンク

Category & Menu

定期預金を活用して有利に資産を運用していこう。ネット銀行のおすすめネット定期や特徴ある預金を徹底分析していきます。