2015年 定期預金金利比較定期預金の基礎知識定期預金をする前に読むコラム>オリックス銀行のeダイレクト金銭信託は買いか?

オリックス銀行のeダイレクト金銭信託は買いか?

オリックス信託銀行がインターネット専用の金銭信託として「eダイレクト金銭信託」を販売しています。半年で0.50%(年率)と低金利が続いている定期預金と比較すると条件がよさそうにみえますが、実際のところはどうなのでしょうか?今回はこの商品の善し悪しについてみていきたいと思います。

2013年5月13日:しょういちろう

スポンサーリンク

金利はやや高めだけど、信用リスクがある商品

金銭信託という商品は一口にくくれないほど、様々な商品があります。

金銭信託とは」でも説明されていますが、元本保証の物もあれば、保証されていないものもあります。

今回のオリックス銀行のeダイレクト金銭信託については元本は保証されていないタイプの金銭信託となっています。

内容としてはオリックス社への貸し付けとなり、万が一同社が破綻した場合は元本の一部または全部が戻ってこないというリスクがあります。あと、預金保険の対象外なので、オリックス銀行自体が破綻した場合にも元本が戻ってこないリスクがあります。
また、中途解約はできません。例外が認められる場合もあると記載されてはいるものの、条件は厳しいみたいですね。

仕様としては「債券(社債)」に近い感じとなっております。

なので、元本保証+確定利回りの定期預金と比較するのはややナンセンスといえそうです。比較する対象としては「SBI債」や「マネックス債」などといった社債と比較してどちらに投資をするかを検討されると良いのではないかと思っております。

参考:人気のSBI債やマネックス債を比較

定期預金コラム一覧

定期預金残高9年ぶり低水準、普通預金残高過去最高(2017年3月)
マイナス金利で定期預金を100万円しても年80円しか利息が付かない(2016年4月)
日銀が導入したマイナス金利で定期預金もマイナス金利になる?(2016年4月)
トヨタの元本保証株式は定期預金の代わりになるか(2015年6月)
2015年夏のボーナス。貯金するという割合は減少(2015年6月)
おひとりさまの老後に必要なお金と年金(2014年3月)
地方銀行の預金が減少、預金減少時代と銀行の対策(2014年2月)
気づいたら貯金ゼロ。 約3割の世帯が貯金ゼロの時代(2013年8月)
2013年夏の定期預金ボーナスキャンペーン始まる(2013年6月)
オリックス銀行のeダイレクト金銭信託は買いか?(2013年5月)
2013年5月の定期預金金利は下落(2013年5月)
2013年4月の預金金利はさらに下落へ(2013年4月)
インフレ時の定期預金は損な商品なのか?(2013年2月)
仕組預金は解禁へ「ペイオフ対象外は利息部分のみ」(2012年11月)
積立預金(定期)はお金をためる第1歩(2012年8月)
仕組預金は愚か者向けの金融商品なのか?(2012年7月)
確定拠出年金と定期預金(2012年6月)
定期預金と証券会社のMMF、どっちがお得? (2012年5月)
定期預金特別金利キャンペーンで注意したいポイント(2012年4月)
定期預金の預入期間。最適な期間はどのくらい?(2012年4月)
個人向け国債(個人向け復興国債)と定期預金はどちらがお得?(2012年3月)
ペイオフ対策はしておくべき?それとも不要? (2012年2月)

今月のおすすめ定期預金
ネットバンクの定期預金金利や、各銀行のキャンペーン定期預金、中長期の管理人による金利予想を加味した上でお勧めする定期預金をピックアップしています。

銀行・定期預金の名前 金利 おすすめの理由
イオン銀行の普通預金 0.10%

定期預金の情報なのに普通預金をお勧めしています。金利が0.10%と高いのに、普通預金なのでいつでも出金可能です。

※本金利の適用を受けるにはイオンカードセレクト(キャッシュカード件、クレジットカード・年会費無料)の申し込みが必要です。

 

スポンサーリンク

Category & Menu

定期預金を活用して有利に資産を運用していこう。ネット銀行のおすすめネット定期や特徴ある預金を徹底分析していきます。