スーパー定期(スーパー定期300)

スーパー定期(スーパー定期300)とは、一般的に都市銀行、地方銀行などで提供されいてる定期預金のことを指します。満期まで引き出しができない代わりに普通預金と比較して高い預金金利がついています。満期は1か月~最大10年まで。金利は各銀行が自由に設定でき、店頭に表示されています。

スポンサーリンク

スーパー定期(スーパー定期300)の基本・特徴

スーパー定期とは、都市銀行、地方銀行、信用組合などによる一般的な定期預金です。
いわゆる定期預金のことを指します。

一般に銀行の定期預金という場合はこのスーパー定期を指します。ちなみにスーパー定期300とは一回の定期預金の金額が三百万円を超える場合を指し、通常のスーパー定期よりも金利がアップするのが特徴です。それぞれの違いはスーパー定期300の方がより高い金利が適用されるだけで他に違いはありません。

なお、1単位の預金が1000万円超となる場合はスーパー定期ではなく、「大口定期預金」となります。

銀行の種類 都市銀行、地方銀行など多くの金融機関
満期 1か月から最長10年まで
金利のタイプ・特徴 固定金利タイプ
3年未満の場合は単利型ですが、3年以上の満期を設定した定期預金については単利、複利の選択が可能です(詳細はこちら)。
どんなリスクがある 銀行が破綻した場合のリスク
※ただし1000万円までは元金、利息ともに保護されます。
途中解約 いつでも可能。満期前の途中解約の場合は中途解約利率が適用されます。
ペイオフ(預金保険) 保護対象(預金保険

今月のおすすめ定期預金
ネットバンクの定期預金金利や、各銀行のキャンペーン定期預金、中長期の管理人による金利予想を加味した上でお勧めする定期預金をピックアップしています。

銀行・定期預金の名前 金利 おすすめの理由
イオン銀行の普通預金 0.12%

定期預金の情報なのに普通預金をお勧めしています。金利が0.12%と高いのに、普通預金なのでいつでも出金可能です。
※本金利の適用を受けるにはイオンカードセレクト(キャッシュカード件、クレジットカード・年会費無料)の申し込みが必要です。

 

スポンサーリンク

Category & Menu

定期預金を活用して有利に資産を運用していこう。ネット銀行のおすすめネット定期や特徴ある預金を徹底分析していきます。