預金者保護法とは?

預金者保護法(よきんしゃほごほう)とは、キャッシュカードの偽造や盗難などによる被害から預金者を保護することを目的とする法律。偽造・盗難被害により銀行から預金が引き出された場合、預金者の過失がなければ全額補償されるというもの。

補償の程度は「重過失」「軽い過失」「過失なし」に分類される。

重過失
・暗証番号を他人に教えた、カードに書いた
・カードを第3者に渡した・貸した

軽過失
・暗証番号が電話番号・誕生日などの推測可能なものになっていた

 

なお、この法律による対象は「キャッシュカード」による被害のみで「通帳」や「オンライバンキング」による被害は保護の対象外となっている。

ただし2008年から全銀協(全国銀行協会)では通帳・オンラインバンキングについても対応するようになっている。ただし、インターネットバンキングの場合は軽過失・重過失について銀行と被害者との間での個別対応となる。

たとえば暗証番号の変更を長期間怠ったりすると過失ありとみなされるリスクがあるので、オンライバンキングを利用する場合は銀行からの指示やお願いにはできる限り従った方がよい。(たとえば、暗証番号を変更してくださいと表示されたらしっかりと変更するなど)

今これを読んでヤバイかもと思ったのであれば今すぐ暗証番号・パスワードを変更しましょう!

スポンサーリンク

今月のおすすめ定期預金
ネットバンクの定期預金金利や、各銀行のキャンペーン定期預金、中長期の管理人による金利予想を加味した上でお勧めする定期預金をピックアップしています。

銀行・定期預金の名前 金利 おすすめの理由
イオン銀行の普通預金 0.10%

定期預金の情報なのに普通預金をお勧めしています。金利が0.10%と高いのに、普通預金なのでいつでも出金可能です。

※本金利の適用を受けるにはイオンカードセレクト(キャッシュカード件、クレジットカード・年会費無料)の申し込みが必要です。

 

スポンサーリンク

Category & Menu

定期預金を活用して有利に資産を運用していこう。ネット銀行のおすすめネット定期や特徴ある預金を徹底分析していきます。