2013年4月の預金金利はさらに下落へ

新年度を迎えた2013年4月の一発目の定期預金金利は大幅下落ととなりました。
定期預金の金利指標となる長期金利が下がっていたので、今月は下がるとある程度は予想していましたがそれ以上の強烈な下げとなりました。

2013年4月1日:しょういちろう

スポンサーリンク

高金利系のネットバンクが預金金利引き下げへ

住信SBIネット銀行ソニー銀行といったネットバンクの中でも比較的高い金利をだしていた定期預金が今月は軒並みさがりました。

1年満期の定期預金の場合住信SBIネット銀行は0.30%→0.13%(-0.17%)、ソニー銀行は0.20%→0.05%(-0.15%)とかなりの幅の引き下げです。

今月は新年度ということでキャンペーン金利でも打つかなぁと思っていたわけですが大きく外れた形になりました。これによって4月の定期預金金利は不動の1位だった住信からじぶん銀行へのランキングが変更となった模様です(当サイトのケース)。

インフレ時の定期預金は損な商品なのか?」では、決して定期預金はインフレに弱い商品ではないと書きましたが、株価はある程度高い位置にいるのに定期預金は低迷しているというのはちょっと納得できないですよね。

実際に不動産投資や株式投資などに資産を移す人も増えているそうですね。
もちろん、私もこれらの投資を否定するわけではありません。長期的な運用資金は株やREIT(不動産投資信託)などにも回していますし、将来的にはもっとも大口の不動産投資(アパート経営とか)についても興味はあります。
(参考:初心者のための株式投資講座
(参考:アパート経営の教科書

 

定期預金には定期預金の良さ、他の投資には他の投資の良さがあるわけで、それぞれ上手に使い分けていきたいものですよね。

参考:ネットバンク定期預金金利ランキング

定期預金コラム一覧

定期預金残高9年ぶり低水準、普通預金残高過去最高(2017年3月)
マイナス金利で定期預金を100万円しても年80円しか利息が付かない(2016年4月)
日銀が導入したマイナス金利で定期預金もマイナス金利になる?(2016年4月)
トヨタの元本保証株式は定期預金の代わりになるか(2015年6月)
2015年夏のボーナス。貯金するという割合は減少(2015年6月)
おひとりさまの老後に必要なお金と年金(2014年3月)
地方銀行の預金が減少、預金減少時代と銀行の対策(2014年2月)
気づいたら貯金ゼロ。 約3割の世帯が貯金ゼロの時代(2013年8月)
2013年夏の定期預金ボーナスキャンペーン始まる(2013年6月)
オリックス銀行のeダイレクト金銭信託は買いか?(2013年5月)
2013年5月の定期預金金利は下落(2013年5月)
2013年4月の預金金利はさらに下落へ(2013年4月)
インフレ時の定期預金は損な商品なのか?(2013年2月)
仕組預金は解禁へ「ペイオフ対象外は利息部分のみ」(2012年11月)
積立預金(定期)はお金をためる第1歩(2012年8月)
仕組預金は愚か者向けの金融商品なのか?(2012年7月)
確定拠出年金と定期預金(2012年6月)
定期預金と証券会社のMMF、どっちがお得? (2012年5月)
定期預金特別金利キャンペーンで注意したいポイント(2012年4月)
定期預金の預入期間。最適な期間はどのくらい?(2012年4月)
個人向け国債(個人向け復興国債)と定期預金はどちらがお得?(2012年3月)
ペイオフ対策はしておくべき?それとも不要? (2012年2月)

今月のおすすめ定期預金
ネットバンクの定期預金金利や、各銀行のキャンペーン定期預金、中長期の管理人による金利予想を加味した上でお勧めする定期預金をピックアップしています。

銀行・定期預金の名前 金利 おすすめの理由
イオン銀行の普通預金 0.10%

定期預金の情報なのに普通預金をお勧めしています。金利が0.10%と高いのに、普通預金なのでいつでも出金可能です。

※本金利の適用を受けるにはイオンカードセレクト(キャッシュカード件、クレジットカード・年会費無料)の申し込みが必要です。

 

スポンサーリンク

Category & Menu

定期預金を活用して有利に資産を運用していこう。ネット銀行のおすすめネット定期や特徴ある預金を徹底分析していきます。